1. ホーム
  2. 山口を感じる
  3. 市町紹介
  4. 阿武町

阿武町(あぶちょう)

ナチュラリストよっといで。ゆったりと日本海を眺め、のんびりと山里でスローな暮らし
公式サイトへ

市町イメージ

人口
3,329 (H29.4.1現在)
アクセス
  • 美祢東JCTから45km60分、徳山東ICから95km110分(町役場まで)
  • 山口宇部空港から80km 90分
  • 萩石見空港から44km 50分

市町の位置

阿武町は紺碧の日本海や緑の山々など豊かな自然がいっぱいです。
かけがえのない自然を求めて、都会の喧噪を離れ本気で阿武町で暮らす人もいます。それは、この自然からの贈りものが、心と体の健康を取り戻し、育んでくれるからでしょう。日本海に沈む雄大な夕日を望み、初夏から秋にかけて、夜、水平線を彩る幻想的で美しい魚火に酔いしれながら釣りをするのもよし、標高350mを超える高原で自然観察や山菜狩り、キノコ狩りをするのもよし…。まずは、農家民宿(山口県指定第1号)、漁家民宿で阿武町を“体験”してみてください。

阿武町のUJIターン情報

一覧を見る

主な観光地・見どころ

  • イメージ
    道の駅 阿武町
  • イメージ
    清ヶ浜海水浴場
  • イメージ
    JR惣郷鉄橋
  • イメージ
    大覚寺

UJIターンの移住・定住促進施策

Uターン奨励金 阿武町に定住の意思のある50歳以下の方が就業のためにUターンされた場合(ただし県内からのUターンは除く)
  1. 単身世帯 10万円
  2. 家族世帯 20万円
※家族世帯は、中学生以下1人につき10万円を加算(上限額30万円)
Iターン奨励金 阿武町に定住の意思のある方が転入された場合
  1. 単身世帯 10万円
  2. 家族世帯 20万円
※家族世帯は、中学生以下1人につき10万円を加算(上限額30万円)
新規就農支援(林業・水産業含む) 生産基盤が脆弱な新規就農希望者や就農の意志を持って農業高校等に就学している者が、一定期間の研修等により農業経営を開始するために必要な栽培技術、知識等の習得を支援(フィッシャーマン)も同様 農家等研修:月額15万円(2年間)
定住用お試し住宅 下東郷住宅 1戸(5LDK+S) 月額20,000円(日割り計算) 光熱費等は別途 生活用品は完備
空き家情報提供 阿武町における空き家の有効活用を通して、定住促進と地域の活性化を図るため、町内の賃貸・売買できる空き家住宅所有者から物件情報を収集し、賃借・購入希望者等定住希望者へ紹介。
UJI阿武町空き家バンク
定住用公営住宅 一般住宅(教員住宅を定住用に転用) 16戸 月額8,000円~25,000円
住宅取得補助金 基本補助金
  1. 新婚世帯、子育て世帯及びIターン者が新築住宅を取得された場合
    補助対象経費の10分の1の額(上限額100万円)
  2. 新婚世帯、子育て世帯及びIターン者が中古住宅を取得された場合
    補助対象経費の10分の1の額(上限額20万円)
加算補助金
  1. 町内建築業者の施工で新築住宅を取得された場合
    基本補助金に50万円を加算
  2. 町が販売する分譲宅地を購入し、住宅を新築された場合
    基本補助金に30万円を加算
空き家リフォーム補助金 リフォーム補助金
町の空き家バンクに登録された物件を町内の建築業者の施工により50万円以上のリフォームを行った場合
補助対象経費の2分の1の額(上限額50万円)
不要物の撤去補助金
町の空き家バンクに登録された物件で町内の一般廃棄物処理業者に委託して10万円以上の不要物の撤去を行った場合
補助対象経費の2分の1の額(上限額10万円)
阿武町定住アドバイザー 移住される方の新生活に関する生活情報の提供や相談対応、地域の紹介や仲立ち等の支援を行うことを目的として、定住アドバイザーを設置しています。
その他 定住に伴う、結婚祝金、出産祝金、就業支度金の制度があります。
中学生以下は医療費が無料です。

UJIターンの支援情報

イメージ

阿武町 UJIターン情報
http://www.town.abu.lg.jp/

UJIターンの相談窓口

まちづくり推進課 企画定住係