1. ホーム
  2. 相談窓口
  3. やまぐちYY!ターンカレッジ
  4. 第4回 やまぐちで見つけよう

やまぐちYY!ターンカレッジ『やまぐちで見つけよう』

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、オンライン配信にて開催いたします。

山口県の暮らしと仕事の魅力をお伝えする「YY!ターンカレッジ」。今回は「地域おこし協力隊」のホントのトコロについてのトークセッションです。今後、「地域おこし協力隊」を考える方に向けて、実際の活動の苦労や、任期後の暮らしについてトークしていただきます。

日時 3月11日(木)19:00~
スケジュール 19:00 ~ 19:40 トークセッション
19:40 ~ 19:55 市町による協力隊 募集情報紹介
(岩国市、山口市、山陽小野田市、阿武町)
20:00 ~ 21:00 グループトーク(要事前申込)
21:00 終了予定

アンケートはこちら


ゲスト

原田 尚美(はらだ なおみ)氏
山口県出身
元山口市地域おこし協力隊
  • 地元やまぐちの食文化を盛り上げたい、好きなワインを通じて得た知識や経験を生かしたい、と山口市の地域おこし協力隊としてUターン。任期満了後に、山口市阿東で栽培される「徳佐りんご」を使用したスパークリングワイン(シードル)の商品開発と販売を行う。
中岡 佑輔(なかおか ゆうすけ)氏
兵庫県出身
山口市地域おこし協力隊
  • 皮革販売店、レザー教室運営をしていたが、病気をきっかけに生き方を考えるようになり、縁あって山口市の地域おこし協力隊に。ミッションは、山口市南部ニューツーリズム形成業務や、害獣皮のブランド化。キッチンカーでジビエ振興にも取り組んでいる。
川口 啓介(かわぐち けいすけ)氏
東京都出身
光市地域おこし協力隊
  • キャンプが大好きで、豊かな自然の中で暮らしたいと考え始め、地域おこし協力隊について調べ始める。1年かけて全国各地を検討した中で、光市の地域おこし協力隊のプロモーション動画と地形、歴史等を調べて興味を持ち、2018年に応募。ミッションは、空き家の利活用。

終了しました

※配信は18:55よりアクセス可能です。ご覧になれないときは、再読み込みをお願いいたします。

  • 「やまぐち」のY、「わいわい楽しい暮らし」のYを組み合わせた、山口県へのUJIターンを意味するキャッチフレーズです。